日々の雑記 (LOG)

「Whiskey: A Tasting Course: A new way to Think and Drink Whiskey」by Eddie Ludlow
ウイスキー:テイスティングコース:ウイスキーの新しい考え方と飲み方 - エディー・ラドロー著

“ウイスキーについて知るための最良の、そして最も楽しい方法は、ウイスキーを飲むこと!”
新しいウイスキーの世界へと連れて行ってくれるこの本。(2019/10/15 出版)

残念ながらまだ英語ででしか出版されていませんが、たくさんの写真、イラストの入った楽しい本。これまでなんとなく飲んでいたウイスキーについての魅力を深め、視野を広げてくれるでしょう。

ウイスキーはそもそも何なのか、どうやって出来ているのか、といった初心者からエキスパートまで楽しめる。世界各地のウイスキーの特徴や解説なども。

著者は、エディー・ラドロー氏。2008年からIWSCウイスキーの審査員を務めています。The WhiskyLoungeの創設者であり、英国内外でテイスティング、イベント、フェスティバル、学校を開催しています。彼らの英国のイベントは1年に33,000人の訪問者を魅了しています。

+1
日々の雑記 (LOG)

会社のビルの前に、ヤマモモが街路樹として植えられています。
ヤマモモ、とはいっても、桃とは違う、ヤマモモ科。
梅雨の時期に、かわいい実をつけます。

食べられるらしいとネットで知ったので、ちょっと食べてみようかなと思いました。

熟した実が歩道にいっぱい落ちている!

すぐに傷んでしまうので、あまり市場には出回っておらず、
一部の高級料亭の先付で出ていることがあるみたいです。

大きさは、さくらんぼより少し小さく、表面は粒状の突起でボコボコしていて、ツルッとしていません。

ヤマモモを生で食べる前は、必ず塩水に浸けてくださいとのことで、
塩水に30分~1時間ぐらい浸けて、水でよく洗い流します。
(塩水につけないと、おなかを壊すらしいです)

塩水につけているところ

ちなみに、ヤマモモの効能は、
・クエン酸やアントシアニンによる疲労回復
・フラボノールによる抗アレルギー作用(花粉症、アトピー性皮膚炎など)
・抗酸化作用(若返り!?)
・胃腸を丈夫にする効果
だそうです。この初夏の時期にぴったりですね。自然は素晴らしい。

いただきま~す!
お味は、ちょっと酸っぱく、微妙な苦み
赤い実酸っぱいです。
黒赤色のは少し甘いです。
真ん中に種が入っています。

ヤマモモの花言葉は、「ただ一人の人を愛する」。
ほんのり甘酸っぱく爽やかで、初夏を味わえた気持ちです。^^

+1
日々の雑記 (LOG)

これなーんだ?

ウイスキーのミニボトルのセットなんです。めっちゃ素敵でしょ!

How could I resist? I just had to have them!

ウイスキーを造る時のポットスチルの形をしています。

ブランデイカスク 54度
フィノシェリーオーク 54度
シェリーオーク 54度
ワインオーク 54度
exバーボンオーク 54度
ピーティオーク 54度

いつ誰と飲むのかも決めず、私にしては珍しく衝動買いをしてしまいました ^_^

しばらく飾っておきます!

追記:

◆ カバラン(KAVALAN)ウイスキーについて:

台湾のウイスキーです。 2006年に蒸留所を創設し、2008年にリリースしたばかり比較的新しいウイスキー。
暖かい地域では良質のウイスキーは造れないというのがそれまでの常識でした。
しかし、その気候の特徴を生かして素晴らしいウイスキーが造られ、数々の世界的な賞を受賞し高評価を得るようになりました。

ウイスキーでは一般的ではない地域で造られるカバランは、その香り・味わいも特徴的。
マンゴーやココナッツといった南国のトロピカルフルーツのような香り、
そしてクリーミーで甘美なフレーバーで知られるようになったのです。

(それをぜひ味わいたくて、このセットを買いました!)

そのウイスキー造りと世界市場戦略を指揮したのがマスターブレンダー、イアン・チャン氏。
参考記事はこちらです:
https://www.ienomistyle.com/trend/20181130-2017

+1