日々の雑記 (LOG)

カモミール

父方の祖母の話し。

祖母のことを好きだった親戚はあまりいないのだけど・・・。

クールな人だったので。

株をして儲けながら、自室で花嫁衣装を縫う仕事をしていた。

私の七五三の時の衣装も、祖母が花嫁さんが着る和服用の豪華な生地で、縫ってくれたものだった。

私が幼いころ、庭の片隅に祖母は、さくらんぼ、ブルーベリー、キウイなども植えていて、本当に甘くて美味しかった。

フルーツ大好きな私が、もういいというまで食べさせてくれた。

四季折々で花を庭のあちこちに育てていて、「おばあちゃん、このお花は何?」と聞くと、「ミヤコワスレよ」とか、「ペチュニアよ」とか、教えてくれた。

言葉少なげだったけど、たぶん初孫の私のことはとても可愛かったんだと思う。今だからいろいろ分かる事もある。

祖母が育てたり収穫したものは、今思うと、どれも素晴らしく美しかった。

初めてカモミールティーを入れてくれたのも祖母だった。祖母が育てて乾燥させた可愛いお花。

私は今、縫い物をしながらカモミールティーを飲み、祖母を思い出している。

祖母もきっと、あの穏やかな日々がずっと続いてほしかったに違いない・・・。

 

愛犬を看取ったのは祖母だった。

ずっと私は祖母のことを忘れずに、好きでいようと思う。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です